Develop Your ability

夢を持つ人と一緒に歩きたい

国内外の、多種多様な商業施設運営を担っていく。

当社は現在60以上の商業施設を運営しています。2006年のラゾーナ川崎 プラザを皮切りに、ららぽーと横浜、ダイバーシティ東京 プラザといった大型施設のオープンが相次ぎました。近年では2015年にららぽーと富士見、三井アウトレットパーク 北陸小矢部、EXPOCITY等、国内で5つの商業施設を新たにオープンいたしました。また、2011年には中国・寧波におけるアウトレットモールの開業プロジェクトにも参画。当社としては初めて海外施設に携わりました。今後はグローバル化が進展し、海外事業はますます活性化していくでしょう。私たちはこれからも国内外で様々な商業施設の運営を手掛けていきたいと思っています。

成功は日々の着実な仕事の先に

国内外で広がるそうしたダイナミックな動きに向けて、私たちが今すべきことは何か。それはにわかにスキルを磨いたり、付け焼刃に外国語を学ぶなどということでは決してありません。一人ひとりが今日より明日、一歩ずつ成長する。着実に仕事をこなす。それしかないのだと私は考えます。商業施設運営のノウハウは一朝一夕で身につくものではありません。お客様、出店者様、オーナー様、そのすべての方々にご満足いただける施設のあり方を全員が考える。そこから生まれる質の高いマネジメントは、施設の規模やスタイルにかかわらず、また、海の向こうでも必ず通用するはずです。

時を経るとともに愛される施設へ

私たちが大切にしている言葉のひとつに「経年優化(けいねんゆうか)」があります。年月とともに古びてゆく「経年劣化」ではなく、まるでワインが熟してゆくように味わい深くなる商業施設――そんな理想を掲げています。そのためには施設の魅力を高める努力が欠かせません。地域を知り、求められるお店やサービスをいち早く提供する。私たちにはそのための感度が求められ、日々のニュースからも商業施設の売り場からも時代を読む、そんな資質が必要です。そうすることでたとえ建物は古びようとも、商業施設の中身はどんどん深化するはずです。

就職とは、かけがえのない出会いの場

学生のみなさん、どうか夢を持ってください。どんな夢でもいい、それは必ずあなたを前進させる力になります。そしてぜひ、私たちといっしょにお客様に夢を与える商業施設運営という仕事をしましょう。売り手市場、買い手市場などという言葉もあるようですが、市場の論理ではなく、就職とはその一社、その一人とのかけがえのない出会いです。夢を持った皆さんとそんな出会いができたら最高です。新しい時代を一緒に歩んでいきましょう。

ららぽーとマネジメント代表取締役社長 安藤正