三井不動産商業マネジメント株式会社

Language
文字サイズ

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組み

女性活躍推進

三井不動産商業マネジメントでは、社員の約半数を占める女性社員の活躍推進を重要な課題と位置づけ、育児・介護と仕事の両立支援の拡充など、女性の活躍、ジェンダー平等に向けた取り組みを推進しています。

三井不動産グループ「ダイバーシティ&インクルージョン推進宣言」

三井不動産グループでは、ダイバーシティ&インクルージョンのなかでも女性活躍推進を重要テーマに位置付け、グループ全体の方針や目標を定めて取り組んでいます。
三井不動産商業マネジメントは、グループの中でも女性活躍推進の取り組みが進んでいる「女性活躍推進モデル会社」に指定されており、事例を共有し、グループ全体の取り組みを加速させていく役割を担っています。

三井不動産グループの女性活躍推進の取り組みページについてはコチラ

女性活躍推進目標

「女性活躍推進法」に基づく行動計画について、目標達成に向けて取り組んでいます。

女性活躍推進行動計画書PDFリンク
女性の活躍推進企業データベースリンク

育児・介護と仕事の両立支援

育児や介護に関わる社員の仕事との両立を支援するため、安心して働き続け、能力を発揮することができる環境整備に努めています。
※2022年2月現在の一部制度となります。

育児関連制度

介護関連制度

上記以外にも、育児支援金、子ども手当の支給の他、不妊治療のための休職制度や短時間勤務制度もあり、不妊治療と仕事を両立できる環境づくりにも努めています。 また、育児・介護の各種サービスの補助として利用できる、カフェテリアプランの両立支援ポイント付与もしています。

※会社から与えられたポイント(金額)の範囲内で、従業員自身が利用したいサービスメニューを自由に選択し、利用できる福利厚生制度です。

その他の支援

・出産前および復帰前ガイダンス:本人、上長、人事部での面談を実施
・育児短時間勤務制度利用者向け研修:育児休業復帰後の育児と仕事の両立への不安解消・キャリア形成支援、ネットワーク作り支援を目的に実施

シニア雇用・障がい者雇用

豊富な経験やスキルをもつ社員が、定年退職後も高い意欲を持って働き、活躍できる場の提供のため、定年再雇用制度を活用しています。
また、企業の社会的責任とダイバーシティの観点等も踏まえ、障がい者の雇用にも継続的に取り組んでいます。